変形の足関節症の患者様 70歳女性

4年前より足首が痛く歩けないと当院に来院されました。

病院で、変形の足関節症と診断されまだ、手術しないで経過をみましょうということでした。

症状を確認いたしますと、明らかに変形が強く、足関節の動き、可動域もなく痛みも著明。

週二回、当院で関節の動きの調整、可動域の確保を続けている結果、レントゲン上変形が進む事なく現状維持。

本来なら、変形が進んでいても当たり前だったのに施術結果として変形が進まず本人も、驚いています。

今後も継続して施術を行ない経過をみていこうと思います。